岩屋館のご案内

角間渓谷の鉄泉を源泉とした岩屋館の歴史

角間温泉はその昔、親鸞上人が越後より京落の途中、腹痛に倒れた奥方が療養し全快された湯として伝えられています。又、坂上田村麻呂が昆邪王の妖術を封じる為に祀った岩屋観音は当館のすぐ裏手にあり、岩屋館の名の由来となっています。1931年、岩屋観音のふもとにて創業した岩屋館は古くから角間渓谷に湧出していた鉄泉を源泉として、温泉宿を始めました。農閑期には地元の農家の方も湯治などでお越しいただいておりました。

それまでの源泉は冷鉱泉を使用しており(冷鉱泉の湯温は湧出時17度)源泉を加温していましたが、現在では2006年のボーリング工事にて湧出した炭酸泉を利用しております。炭酸泉は49度にて湧出しておりますが、地表にでると炭酸が気化し熱を奪ってしまい、浴槽では37度から34度とぬるめの温度となります。また、炭酸泉には微量に含まれる鉄分が酸化することにより、茶褐色を帯びてゆきます。

岩屋館の風景
外観の写真

ロビー

自然の音や色に包まれるしずかな空間

信州 上田駅より車で30分。
人里離れた角間渓谷の中腹に位置する岩屋館は、その名が示す通り、そそり立つような岩の壁に囲まれております。
川の流れる音、木々のこすれあう音や鳥の声、新緑の緑、そのときしかない自然の音や色に包まれてしずかな時間をお過ごしください。
(1階ロビーのみWifi対応)

ロビー
  • 岩の壁の間に佇む岩屋館
  • ロビー
  • 角間渓谷の大自然

展望ラウンジ

優しい光に包まれる癒しの空間

展望ラウンジに座ると、岩と岩の間にちょうど沈む夕日を眺める事ができます。4月は柔らかい緑に包まれた新芽色の景色が広がり、8月は深い新緑に姿を変えます。
秋になれば、鮮やかな色に染まり、冬は白銀一色に。1年を通して様々な景色をお楽しみいただけます。

展望ラウンジ
展望ラウンジの様子
展望ラウンジの様子
  • 窓からの眺め
  • 陽光降り注ぐラウンジ
  • 窓からの眺め

お食事処

朝・夕の光に包まれてこだわりのお食事を

夕・朝食会場では窓の外より角間渓谷の四季折々の自然をご覧いただけます。

自然をのぞむお食事処
お食事処の様子
自然の木々

【施設概要】

総部屋数15室
総棟数2棟
温泉角間温泉
露天風呂あり(男女どちらか1つのみ(混浴含む)・貸切不可)
施設内容 宴会場・ラウンジ
クレジットカードJCB・VISA・マスター・AMEX・DC
チェックイン時間15:00〜 ※宿泊プランごとにチェックイン時間の設定がある場合は、そちらが優先されます。
チェックアウト時間〜11:00 ※宿泊プランごとにチェックアウト時間の設定がある場合は、そちらが優先されます。
注意事項 <携帯電話について>
館内につきましては、客室では繋がらず、共有部分(1Fロビー、2F展望ラウンジ、食事処)のみ繋がります。 なお、利用できるキャリアはdocomoとソフトバンクのみとなります。 その他のキャリアにつきましては玄関前の駐車場でご利用いただけます。

<Wi-Fi環境について>
携帯電話と同様、共有部分(1Fロビー、2F展望ラウンジ)のみとなります。

<テレビについて>
BS放送(NHK BS1、NHK BSプレミアム、BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSフジ)のみとなります。
߃v